話題

ファイブエム商事社長の松川実の出身大学や経歴は?仙台大阪王将以外もブラック?

ファイブエム松川実

ナメクジ告発で話題となっている『大阪王将仙台中田店』

その『大阪王将仙台中田店』をフランチャイズで運営しているのが、有限会社ファイブエム商事という会社です。

元従業員という男性が、ナメクジらしき物が映っている画像と共に「店舗内の衛生状態がひどい」、「雇用調整助成金を不正受給していた」、「防火管理者や衛生管理者が店舗にいない」などをブラックな内容をTwitterで告発

真偽のほどは不明ですが、次々に飲食店には「あってはならない」情報が出てきています・・・。

そんな有限会社ファイブエム商事の社長が松川実という人物です。

松川実氏とはいったいどこの大学出身でどのような経歴なのか?

大阪王将仙台中田店の今後はどうなっていくのでしょうか?

ファイブエム商事(大阪王将仙台中田店)の内部告発の内容とは?

告発したのは、元従業員という『おとはP』さん

ナメクジと思われる画像とともに「厨房にナメクジがいる」という内容をTwitterでアップしました。

飲食店の厨房にナメクジがいるなんて聞いたことがないです・・・💦

こちらツイートは大炎上し、問題となった『大阪王将仙台中田店』は臨時休業となり、仙台の保健所が立ち入り調査に入るという事態になりました。

その後も元従業員である『おとはP』さんは、有限会社ファイブエム商事のずさんな運営についてTwitterで告発し続けています。

『おとはP』さんの告発内容は次の通りです。

・とにかく店舗の衛生面がひどい。(店長黙認)

・大阪王将仙台中田店は大阪王将本部の調理法を全く守っていない。

・虚偽申告をして雇用調整助成金を不正に受給している。

・防火管理者や衛生管理者の名前の人が実際の店舗にはいない。

・アルバイトのタイムカードを調整して人件費を節約している。

・『おとはP』さんの父親や警察に相談し告発を阻止しようとしている。

有限会社ファイブエム商事のブラックな内容を次々と告発している『おとはP』さんは、「訴えられようが失うものはない」と強気モードです!

ファイブエム商事社長の松川実の出身大学や経歴は?

問題となっている『大阪王将仙台中田店』を運営しているのが有限会社ファイブエム商事です。

有限会社ファイブエム商事の松川実社長とはいったいどのような人物なのでしょうか?

調べてみるとまずは有限会社ファイブエム商事のサイトがありました。

ファイブエム 代表者の名前には『松川実』とあります。

会社設立は平成4年9月21日。

西暦は1992年なので、30年前に設立ということになりますね。

FacebookやInstagramなどのSNS上では『松川実』氏の情報は出ていないようです。

会社設立が今から30年前ということなので、20歳~40歳で会社を設立していたら、現在は50歳~70歳ぐらいの年齢ということになりますね。

そして、会社の行動指針には「謙虚・道徳的な行いをすることを誓います」とありますが、告発の内容が本当だとしたら、とても『道徳的』という言葉からはかけ離れているように思えますが・・・。

残念ながら、松川実氏の学歴や経歴について、今のところ詳細は明らかにはなっていません・・・。

一部の掲示板などに松川実氏と思われる顔画像などもありますが、ご本人という確証はありません。

東北大学理工学部出身という情報もあるようですが、現段階では定かではないようです。

松川実氏の経歴については、今後新たな情報が入り次第追記していきます!

松川実氏についての情報として、今回『大阪王将仙台中田店』のブラック情報を告発した元従業員の『おとはP』さんによりますと、「悪い話しか聞かない」と言っています。

 そして、転職情報サイトの『転職会議』に、有限会社ファイブエム商事への口コミ・評判が掲載されていました。

【気になること・改善したほうがいい点】
給与は完全に固定の月給制でボーナスも無く、いくら働いても、休日出勤などして休みが無くても手当などは一切ありませんでした
また評価制度に関しても、後から入社した人の方が給与が高かったり、しっかりと実績を残している社員よりそうでない社員の方が給与が高かったりと明らかに不可解な評価がなされていた。
投稿日 2018.09.25
(引用:転職会議)

有限会社ファイブエム商事は、「休みがなくても手当てなど一切なく、不可解な評価がなされている」といっています。

なんだか闇が深そうにも思えてしまいますね・・・💦

ファイブエム商事が運営する仙台大阪王将以外もブラック?

では、有限会社ファイブエムとはどういった会社なのでしょうか?

公式サイトの事業内容を見ると、

・飲食店の経営
・書籍、衣料品、宝飾品、ビデオ、ゲームソフト、コンパクトディスクのレンタル及び販売
・古物の売買及びその受委託事業
・美容室の経営
・不動産の売買、賃貸借及びその仲介
・子供服の買取、販売

などとなっています。

現在有限会社ファイブエムが運営しているのは11店舗。

飲食店については、主にフランチャイズとして運営しており、知名度のあるブランドな店舗を8店舗運営しています。

・大阪王将
・大戸屋ごはん処
・珈琲館
・太陽のトマト麵

『大阪王将仙台中田店』の管理体制を見ると、こちらの飲食店も同じようにブラックなのかしら?とちょっと不安になってしまいますね・・・💦

そして、有限会社ファイブエム商事が運営している定食で人気の『大戸屋』についても、次のようなTwitterを発見しました。

 

有限会社ファイブエム商事が運営している『大戸屋』で働いていたという人が上記のように証言しています。

真偽のほどは分かりませんが、このTwitterが本当だとしたら、大阪王将だけがずさんな管理体制下にあったのかもしれませんね。

今後も『おとはP』さんのTwitterと松川実氏について注目が集まりそうです!

ちなみに、『餃子の王将』と『大阪王将』はまったく別物になりますのでご注意ください!