芸能

渡部健が気持ち悪すぎ?復帰するな?の声続出でも復帰できたのはなぜ?

多目的トイレ不倫騒動で芸能活動を自粛していた、アンジャッシュの渡部建さん。

2020年6月に複数の女性との不倫関係が報じられ、詳細が報じられるとそれまでの爽やかなグルメ王から一転「気持ち悪い」「最低」など批判が飛び交いました。

その後何度か「復帰」のウワサが流れるも立ち消え。

世間への根強いマイナスイメージは相当なものと見られていました。

そして、2022年2月15日にいよいよ、千葉テレビの『白黒アンジャッシュ』に出演し、約1年8か月ぶりにテレビに復帰となりました。

しかし、世間からは・・・

気持ち悪すぎ!

復帰するな!

との声もまだまだ根強く聞かれます。

そんな声も多い中で、今回なぜ渡部さんは復帰できたのでしょうか?

調べてみたいと思います!

渡部健TV復帰にも「気持ち悪すぎ!復帰するな!」の声続出!

今回TV復帰となった『白黒アンジャッシュ』は、コンビ初の冠番組として2004年にスタートしました。

渡部氏の活動自粛中も、相方の児嶋一哉さんが単独でMCを務めながら番組は続行。

そして、2022年2月にこの番組での渡部氏の復帰が報じられると、

Twitterでは「気持ち悪い」「無理」などの渡部氏に対する痛烈なコメントが多数見受けられます。

多数のコメントの内容から、世間的に渡部氏が許されたとは到底思えません。

関係者も批判が殺到するという事は予想できたはずでしょうが、なぜこのタイミングで渡部氏はTVに復帰できたのでしょうか?

渡部健「気持ち悪すぎ?復帰するな?」の声続出でも復帰できたのはなぜ?

「気持ち悪すぎ!」「復帰するな!」と、世間から圧倒的に批判の声が多いにもかかわらず、今回渡部氏が復帰できた理由は何なのでしょうか?

渡部健が復帰できた理由①相方の児嶋一哉からの深い『情』

アンジャッシュのボケ担当である児嶋一哉さん。

渡部氏には、コンビの相方としてとんでもない事をしてくれたという怒りもあったと思われます。

しかし、アンジャッシュのコンビも解消せずに、冠番組を一人で守り続けていました。

おまえ(渡部)の人間性は大っ嫌い。でも、さすがに30年目。切り捨てるのも違うし。おまえの家族かな。かわいそすぎる。一歩踏み出して変わっていく姿を見せられたらいいかな。家族のためっていうのが一番です

と、コンビ同志の深い『情』から、渡部氏の復帰を後押ししたようです。

批判の声にもめげずに「もう一回やってみろ」という相方への思いがあったようです。

個人的には小嶋さんがピン(単独)でも充分やっていけるような気がしますが、小嶋さんのやさしさを感じますね。

渡部健が復帰できた理由②事務所の強い後押し?

渡部建さんの所属している事務所といえば、ドランクドラゴン、おぎやはぎ、東京03など、お笑いの方が多く所属している『人力舎』です。

今回復帰となった千葉テレビの番組『白黒アンジャッシュ』は、アンジャッシュが所属している『人力舎』が製作協力をしている番組なのです。

細々と地方ローカルとして続いている番組ではありますが、2004年から続いている長寿番組です。

全国ネットでは批判の大嵐が来ることは必然ですので、事務所としては、復帰させるならまずはリハビリがてら地方ローカルでという思惑があるかと思います。

渡部健が復帰できた理由③スポンサーが地方企業?

全国ネットなTV番組は、誰もが知っている有名企業がスポンサーになっていますが、『白黒アンジャッシュ』は千葉テレビの地方ローカルなので、地元企業のスポンサーが多いです。

地元な企業時間帯もずらしにくいという事もあるでしょうし、事務所の人力舎が頭を下げて回った可能性も大きいです。

それに、ずっと小嶋さんが一人で番組を守ってきたという所もスポンサー的には大きいかと思うので、小嶋さんへの応援という所もあるのかもしれませんね。

渡部健「気持ち悪すぎ?復帰するな?」の声続出でも復帰できた理由まとめ

あれだけの騒動があって、1年8か月ほどでTVに復帰した渡部健さん。

TV番組に復帰できたのは、

・世間からまだまだ相当な批判的意見があるにも関わらず、相方の小嶋さんは見捨てなかった。

・所属事務所の人力舎がめちゃくちゃ後押しをした。

・全国ネットではなく地方のスポンサーに助けられた。

この事が今回の復帰に大きく作用したようです。

とは言っても、まだまだ「気持ち悪すぎ!復帰するな!」という声は根強いようです・・・。

お子さんもいらっしゃいますので、根強く信頼回復に向けて真面目に行動して頂くことを願っています!